お知らせ

11月の臨時休診日のお知らせ 

2019.10.29

こんにちは(*^^*)
11月の臨時休診日をお知らせいたします。

ひのうえ鍼灸整骨院からのお知らせ

11月14(木)午後、11月26日(火)午前・午後とも、

臨時休診とさてせいただきます。

休診日は、お電話やメールでのご予約・お問い合わせにつきましても対応できません。
大変ご迷惑をお掛けし致しますが、ご理解・ご協力の程 よろしくお願い致します。


ひのうえ鍼灸整骨院
磯城郡田原本町秦庄435-6
TEL:0744-33-8304
月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
※完全予約制※

たいが鍼灸整骨院
橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診
※予約優先制※

瞼の痙攣について

2019.10.29

皆さんおはようございます!

たいが鍼灸整骨院の南谷です!今月からこちらに異動してきました。

真菅の皆さん、よろしくお願いします。出身が真菅なので、もしかしたらお久しぶりになるかも知れません!

つい先日同級生が来て「なんでミナケンいてるの?」と昔のあだ名を呼ばれながらお互いびっくりということもありました(笑)

 

さて、もうすぐハロウィンですね。馴染みが全くないこのイベントも都心部では大変な盛り上がりで、あまりの無法状態だった去年を踏まえて、路上での飲酒規制なんていうルールまで設けられたようですね。

家の娘はハロウィンのかぼちゃの顔🎃を見てあちこちで怖い怖いと騒ぎ立てております💦子供はかわいいもんですね〜♪

なんでも度が過ぎるというのは怖いことですね。お酒の勢いに負けない大人でいましょう!

さて皆さん、度が過ぎると言えば、画面に集中しすぎていませんか?

他にも人間関係やこの頃の消費税増税などで数字に追われるようになっていませんか?

今日はそんなストレスから起こる瞼(まぶた)の痙攣について書いていこうと思います。

症状としては「ときどき片方のまぶたがぴくぴくする」という状態で、眼瞼ミオキミアという名称があります。眼輪筋という筋肉の攣縮が不随意に起こる状態で、通常片眼性であり、肉体的精神的ストレスが原因になると言われています。

現代医学では、根本的に治す方法はなく、最も多く用いられる対症療法(病気自体を治すことではなく、症状を一時的に抑える治療)は、眼周囲の皮膚にボツリヌス毒素を少量注射して、眼を閉じる力を弱める方法です。ほかには、抗パーキンソン薬・抗鬱薬・抗コリン薬等の薬物療法、クラッチ眼鏡、眼瞼の手術がありますが、いずれ
も根本的な改善に至らないことが多いです。

当院では、局部的な治療としては、直接、鍼灸で眼の周りの筋肉の緊張と、異常興奮している神経を鎮静させる治療をします。そして、全体の自律神経系(交感神経、副交感神経)のバランスを調整し、副交感神経の機能を高め、筋肉の緊張を和らげ、血行を改善することで痙攣症状を改善していきます。

東洋医学で目の症状、筋肉の緊張や痙攣、血行不良となると肝臓との関連が中心になってきますので、それと症状に合ったツボを選んで治療を行います。

ご自宅でして頂く事としてオススメなのは、目の周囲にあるツボをほぐしてあげることですが、ここで2つツボをお伝えします。

魚陽(ぎょよう)
場所:眉毛の真ん中
効果:頭痛・片頭痛・目のむくみ、たるみ・眼精疲労・
攅竹(さんちく)
場所:目頭と鼻の付け根の間にある凹み
効果:頭痛・片頭痛・眼精疲労・ストレス

蒸しタオルもお勧めです。レンジで40℃程度に蒸したタオルを、眼とツボを覆うように置き、数分温めたら蒸しタオルを外し、目の周囲が常温に戻ったら再び蒸したタオルを置き、温め→冷まし→温め→冷まし・・・→温めを何回か繰り返すととてもスッキリします。

それでもピクピクとした痙攣が落ち着かない時は、いつでも相談してください。

ひのうえ鍼灸整骨院

TEL:0744-33-8304

月~金 9:00~12:30、15:00~19:30

土  9:00~12:30

日・祝日 休診、月2回臨時休診あり

完全予約制 になっておりますので、お手数をおかけしますがメール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)mお電話では、当日のご予約も承っております。

 

たいが鍼灸整骨院

橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診

たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

肩の痛みを放置していませんか?

2019.10.24

皆さんこんにちは、院長の樋上です。

毎年この時期になると大きな台風が来て日本列島各地で災害が起こっています。

さいわい、奈良県では被害が少ないですが、いつ来るかもわからない災害ですがしっかりと準備をして日ごろから対策を立てておきましょう。

 

五十肩は通称であり、医学的には肩関節周囲炎といいます。肩関節の骨や軟骨、靭帯や腱などの老化で周辺の組織が炎症を起こし、主に痛みが生じます。痛みは、腕の上げ下ろし等で形を動かしたときだけではなく、夜寝ている時にも現れます。

50歳代で発症が多く見られますが、40歳代でも起こり、その場合は四十肩と呼ばれたりします。加齢が原因と考えられていますが明らかではなく、肩関節をあまり動かさない人や、逆に動かしすぎる人も発症しています。

 

五十肩は自然治癒が期待できるため、放置する人は少なくありません。しかし、適切な治療を受けず、痛いからと肩を動かさずにいると、拘縮または凍結肩と呼ばれる状態が生じます。肩関節関節包などの部位が収縮してしまうためで、その結果、肩関節がさらに動かしにくくなり拘縮が進むと言う悪循環に陥ります。こうした悪化により手術が必要になる場合もあります。

 

五十肩は自然になると甘く考えず、また老化だから仕方がないとあきらめず、きちんと治療を受けてください。

 

ほかの病気がかくれていることも!

肩が痛む病気は、五十肩だけではありません。次のような病気は五十肩の症状によく似ているため、自己判断で放置すると治療が遅れ、手術が必要なほど悪化することもあります。肩の痛みを軽く考えず、自宅や職場に近い整骨院、ひのうえ鍼灸整骨院で確認してください。

石灰沈着性腱板炎

肩関節には、肩甲骨と腕の骨をつなげる板状の腱板があります。この内部に石灰が溜まって炎症が起こると、肩に激しい痛みが生じます。初期の場合は、石灰部位を吸引したりステロイド注射をすると楽になります。しかし、石灰が大きくなると手術が必要になります。

 

肩腱板断裂

肩腱板が、廊下や外傷などにより、断裂する疾患です。肩を動かすと痛く、特に夜間の就寝時に激しく痛みます。五十肩とは異なり、肩に力が入りにくいという特徴があります。薬で痛みを抑えながら、断裂した腱板の機能を運動なので高めます。痛みが消えなかったり、肩が動かしにくい場合は、手術で断裂した部分を縫い合わせます。

 

頸椎症性神経根症

首から上伸びる神経が、首の骨の変形などで圧迫されて痛む疾患です。腕や手、指がしびれてたりもします。首の後ろに反らせる姿勢を日常的に繰り返すと、神経が圧迫されて、発症する場合があります。

自然に良くなることが多いですが、仕事や日常生活に支障をきたすような痛みがある場合は、手術で治療します。

しかし五十肩と診断された場合は、拘縮の予防や改善のため、肩や腕動かします。こうした運動は予防にもつながります。ただし、過度の運動は症状を悪化させたり、逆に発症につながったりしますので注意してください。

 

肩は、冷やすと痛みが強くなったり、動かしにくくなります。肩が晴れたら熱を持ったりしていない場合は、入浴なので温めると良いでしょう。

 

 


ひのうえ鍼灸整骨院
TEL:0744-33-8304
月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
完全予約制 になっておりますので、お手数をおかけしますがメール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)mお電話では、当日のご予約も承っております。

たいが鍼灸整骨院
橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

寒暖差による体調不良

2019.10.15

たいが鍼灸整骨院 院長 尾崎です。

最近は、朝晩かなり冷えてきましたね。

体調を崩しやすかったり、崩されている方も多いかと思います。

「気温の寒暖差により、自律神経のバランスを崩しやすいこの時期」

夏が終わり、朝晩の気温も徐々に下がり始め、過ごしやすい季節になってきましたね♪

ただ、まだ昼間は暑くて、気温が高い日にはまだまだ冷房が必要だったりしますね!

なかなか夏の疲れもすっきりとは抜けませんね、、

台風シーズンであるうえに雨が多い秋は、寒暖差や気圧変動が激しく、

自律神経のバランスが崩れることで、体調にも影響が出やすい季節になります。

あと、夏の習慣がまだまだ抜けず、入浴もシャワーだけで終わらせてしまったり、

冷えた飲み物を飲む習慣がまだ身について抜けていないため、体は常に冷えた状態になってしまいます。

いろんな原因が重なって、秋バテが起こると言われています。

【秋バテの原因】
●蓄積した夏の疲れ ●体の深部の冷え ●気温の寒暖差 ●気圧変動

症状別に見る、秋バテの原因↓

秋バテといっても、症状はさまざまです。

症状の多い順にいうと、

【体の冷えが原因とされる秋バテ】
●胃腸の調子が悪い
●手足の冷え
●肩こり
●足のむくみ……などがあげられます。

これらの症状は、冷房や冷たいものを飲みすぎたことによる「全身の冷え」から生じている場合が多いといえます。

心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

【日中の暑さや、寒暖差が原因とされる秋バテ】
●元気が出ず、常に疲労感を感じる
●カラダが重ダルい
●睡眠の質が悪く、起床時にスッキリしない……などがあげられます。

これらは、一日の中で生じる気温の寒暖差によって、自律神経がバランスを崩していることがが要因となっていることが多い

今夜から「快眠」モードに入れるよう、寝室のカーテンを夏仕様から秋仕様に変更してみる、

枕カバー・敷き・掛けなどを替えてみる、快眠効果のあるアロマオイルをテイッシュに数滴含ませて、

枕元に置いてみる……など、ちょっとした工夫を取り入れてみましょう。

 

秋バテの症状に心当たりがある方は、まずは日常的に取っている

「飲み物」「食べ物」から見直してみましょう。

【見直しポイント1】

冷たい飲み物はできるだけ避け、温かいものや常温の飲み物を飲む

特に朝一番に白湯をコップ一杯飲むことはカラダによいと言われていますので、

通勤・通学・外出前に温かい飲み物を飲んでみてはいかがでしょう。

夏の時季は「入浴後に汗をかきたくない」「日中暑かったので、熱い湯船ではなくシャワーでさっぱりしたい」と

いった理由から湯船に浸かる回数が減りがちです。

でも、人のカラダは冷房によって思った以上に冷えているのです。

そこで、秋バテの症状に心当たりがある人ほど、湯船に浸かるよう切り替えましょう。

ただし熱いお湯に浸かるのではなく、カラダに負担が少ないぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにするとOKです!

ひのうえ鍼灸整骨院

TEL:0744-33-8304

月~金 9:00~12:30、15:00~19:30

土  9:00~12:30

日・祝日 休診、月2回臨時休診あり

完全予約制 になっておりますので、お手数をおかけしますがメール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)mお電話では、当日のご予約も承っております。

 

たいが鍼灸整骨院

橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診

たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

風邪の時に食べないと治らないは本当なの?

2019.10.09

みんなさんこんにちは。本院の池田です。だいぶ秋らしい気候になってきましたね。朝晩は涼しく昼間は暑く気温差が激しいですが体調は崩されていませんでしょうか?この時期は特に風邪をひきやすくなりますよね。熱が出ると身体がだるくなり酷くなると動けなくなります。そんなときに「食べないと元気にならないよ」と言われたことはないでしょうか?

 

食べないと治らないは本当なの?

昔は風邪をひいたときは食事をとって、体力を蓄える方が早く治るとされてきました。しかし最近の研究では風邪をひいて食欲がなくなるのは、脳が指令を出してあえてを抑えていることがわかってきました。風邪をひくと、脳は胃や腸、その他いろんな細胞に「風邪を治す免疫細胞を増やしてくれ!」と指令を出します。そうすると胃や腸はそれまで行なっていた消化活動をやめて免疫細胞を作ろうとする活動に変わります。そのため無理に食事を取ってしまうと胃や腸は消化活動をしなければならなくなるので免疫細胞を作る活動が不十分になり逆に風邪が長引いてしまうことになります。特に消化の良い食べ物(お粥、リンゴ、ヨーグルト、ゼリー)などを取ると消化活動が促進されてしまうので逆効果になってしまいます。免疫細胞を増やす活動に集中してもらうためには、食事をせず消化活動を抑え、胃や腸に余計な仕事を増やさないようにすることが重要になってきます。食欲が風邪の時に落ちるのは消化器官もウイルスと戦うために働いているからなんですね。

食欲は風邪のウイルスが死滅すれば次第に回復してくるので無理に食べる必要はありません。しかし、発熱や下痢がある場合は、脱水症状を起こす可能性があるので水分補給はしっかり行っていきましょう。

 

 

オススメ!10の風邪予防!

 

1、緑茶でうがいをする 抗菌、抗ウイルス効果のあるカテキンが効果抜群!

2、早く寝る      睡眠不足は抵抗力の低下に!早く寝て体をしっかり休めよう!

3、ショウガを取る   身体を温める効果のほかに咳や吐き気を鎮める効果も!ただし、胃腸が弱っている時は要注意!

4、ビタミンCをとる  ビタミンCは免疫力を高める効果が!食事の度にとるのがオススメです!

5、普段から運動をする 体力を上げる事は免疫力をあげることに!

6、首、手首、足首を温める ここは皮膚の下の動脈を温めて全身を温めよう!

7、乾布摩擦      乾布摩擦をすることで自律神経を活性化!体が冷えないよう気を付けよう!

8、ネギを食べる    ねぎの中のふくまれるアリシンが抗ウイルス作用が!

9、マスクをして寝る  最も効率的な加湿法。鼻や喉が乾燥するとウイルスが入りやすくなってしまいます。

10、鼻うがいをする  鼻の中にもウイルスが外に出すことですっきり!花粉症予防にも効果あり!

風邪をしっかり予防・対策をして今年も後3ヶ月、乗り切っていきましょう!


ひのうえ鍼灸整骨院
TEL:0744-33-8304
月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
完全予約制 になっておりますので、お手数をおかけしますがメール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)mお電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院
橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

カテゴリー

月別アーカイブ