治療日誌

のどの痛み、お早めに!

2018.11.13

たいが鍼灸整骨院の竹村です。

だんだんと秋も深まってきましたね。

先日登った金剛山も、紅葉できれいですよ!

この季節の変わり目によく出る症状の一つが「のどの痛み」です。

のどがイガイガする、ツバを飲み込むと痛みを感じる、のどの奥が赤くはれている、などなど。

朝起きるとのどが痛くて声がでないなんてことも!

のどの痛みは、のどの粘膜が炎症を起こしている状態から来ていることが多いです。

夏から秋、冬と季節が変化するこの時期には、気温や気圧の変化で自律神経のバランスが乱れがちになることで、体の免疫力が低下したり、体調も崩れがちになります。

 

東洋医学的に考えてみましょう。

古典をひもといてみると…

体は「衛気(えき)」という四肢や皮膚の間など体中をめぐって守っている働きの気があります。

昼間は皮膚や筋肉の間など外側をめぐっていて、夜になると体の中に入って内側をめぐっています。

もし外界から刺激をうけると、そこに衛気が集まってきて、皮膚のしまりを閉じたり開いたりして、汗を出したり出さなかったり調節します。

この時に、衛気が虚してると、皮膚のしまりが調節できず、汗が出やすくなったり、逆に閉じて汗が出なくなったりします。

 

今の季節は特に寒さ、つまり寒の邪がこの衛気の守りの弱いところにつけこんで体の中に入ってこようとします。

体が元気な時(肺の臓の精気が充実してるとき)は、衛気の循環がうまくいってますから、寒邪の侵入を防ぐことができます。

しかし、体が弱っているときは、衛気の守りが充分ではないので、寒邪が侵入してきて、寒気や発熱などのカゼ症状がでてきます。

 

カゼの熱も、その進行具合、深さによって症状が変わってきます。

まず体表に一番近い部分(太陽経)に熱が停滞すると、悪寒、発熱、頭痛、首筋がこるなどの症状が出ます。

これはカゼのひきはじめ、漢方薬では葛根湯の症状です。

発熱と悪寒の両方あるのが特徴です。

そこからもう少し病が進むと、次の段階(陽明経)に熱が移ります。

ここまでくると、鼻が乾く、目が痛い、頭項痛、咽喉痛などの症状がでてきます。

そして、悪寒が少なくなり、熱の症状が強くなります。

鍼灸治療では、その病の深さ、熱の位置にあわせて治療します。

長引くカゼなどでも早く体を立て直すことができますよ!

 

 

しかし、のどの痛みは、季節の変わり目の要因だけではなく、オフィス内、ホテル、飛行機などでエアコンによる乾燥が原因の場合もあれば、

テンションが上がって長時間しゃべりすぎてしまったり、カラオケで歌いすぎたり、アルコールの摂りすぎによっても、のどの痛みは引き起こされてしまいます。

 

のどが痛くならないように、予防、対策を少しあげてみました。

  • 喉を潤す(乾燥対策する)
  • 食事や睡眠の取り方に気をつけ免疫力アップ
  • あまり喉を使わず休ませる(大声を出したり長時間喋り続けない)
  • こまめにうがいをして喉を洗浄
  • 緑茶や紅茶など、常温からぬるめの飲み物で水分補給して喉を潤す
  • 唐辛子など喉への刺激が強いものは口にしない
  • 移動中はマスクを着用して乾燥対策。のど飴があるとさらに良い
  • 室内は加湿器や濡れタオルで保湿する
  • 寝る時は喉周辺をネックウォーマーで温める
  • できれば寝る時もマスクを着用

 

のどの痛み、カゼかな?と思ったときは、早めの対策で、カゼをくい止めましょう!

 

 


交通事故はだれにでも起こりうることです。

すべては一瞬のできごと。もし事故してしまったら…ご相談ください。

磯城郡、橿原市、桜井市、北葛城郡、などで腰痛・肩凝り・婦人科疾患・産後骨盤・子供の夜泣き・頭痛・ストレス・交通事故疾患等、でお悩みの方は、ひのうえ鍼灸整骨院・たいが鍼灸整骨院にご相談ください。

ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!

TEL:0744-33-8304

完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら

TEL:0744-23-0399

たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

怪我をしない体作り~睡眠~

2018.11.06

 

こんにちは!ひのうえ鍼灸整骨院です。

競技スポーツにおいて怪我の予防はとても大切なことです!
しかし、怪我の予防といってもウエイトトレーニングやストレッチ、テーピングなど様々なアプローチがありますよね。

実は、怪我を防ぐ最も簡単で効果的な方法は「睡眠」だということをご存知ですか?

「きちんと睡眠をとらないと体が回復しないし、集中力が低下して怪我をする」ということはなんとなくわかっていると思いますが、
・十分な睡眠はどれくらいか?
・なぜ睡眠が必要なのか?
はっきり答えられない人がほとんどだと思います。
そこで今回は少し詳しく睡眠についてお話したいと思います。

【寝る子は育つ】

睡眠には2種類あることを知っていますか?
体だけ休ませるレム睡眠と脳と体を休ませるノンレム睡眠があり、およそ90分サイクルで入れ替わっています。
ちなみに、夢を見るのはレム睡眠(脳は起きているから)の時と言われています。
ここで1番大事なのは、ノンレム睡眠の時間帯に成長ホルモンが分泌されているということ!寝てすぐと、寝てから3〜4時間後くらいの間に分泌されています。

成長ホルモンは肝臓から骨を強くする物質が分泌されるのを促したり、筋肉を強化したり代謝を促進する働きを担っています。

6時間睡眠だとレム睡眠とノンレム睡眠が2回ずつ交互に繰り返されているということ、つまり成長ホルモンが2回分泌されていることになります。
忙しくなると睡眠時間を削ってしまう人が多いと思いますが、いつもより睡眠時間を90分延ばすと成長ホルモンが1回多く分泌されます。成長ホルモンが多く分泌されればそれだけ上記の効果を得られるということです!

 

【怪我と睡眠の関係】

アンケート調査の結果、6時間睡眠の選手は8時間睡眠の選手に比べ怪我をする確率が約2倍6時間睡眠と9時間睡眠の選手を比べると約4倍の差があるというデータがあります。

(Milewski et al,2014より)

グラフのように、少ない睡眠時間の選手ほど傷害の発生率が高い傾向が認められました。
グラフを見れば7時間睡眠でも怪我の発生率が高いことがわかりますね。

その他にも…

【筋肉が大きくなる】

筋肉が作られるのは、トレーニングを終えて夜寝ている時だということが研究により判明しています。
寝ている間に傷ついた場所を修復し、以前より太い筋肉に生まれ変わって成長していくのです。トレーニングや食事で栄養を摂ることに次いで、睡眠をとって筋肉をしっかり休ませることも大切な要素ですね。

 

【風邪を引く確率が低くなる】

ある研究において、6時間以下の睡眠の人は、7時間以上睡眠をとっている人に比べて風邪を引く確率が4倍以上という結果が出ています。(Prather,2015)
アスリートは激しい運動により免疫機能が落ちていることも多いので、7時間以上必要かもしれませんね。

 

近年では睡眠に関する様々な研究が行われ、怪我の予防や体作りだけでなくパフォーマンスの発揮などにも影響を及ぼすと考えられています。

世界のトップチーム、プレイヤーにはスリープコーチがいたりもします!

自分の体のために1度睡眠を見直してみましょう!

最低8時間、理想は9時間」まずは1ヶ月続けてみて下さい‼︎

効果が実感できますよ(^o^)/

 

 

参考文献
Milewski et al
Chronic Lack of Sleep is Associated With Injuries in Adolescent Athletes.
Journal of Pediatric Orthopaedics
2014,34(2)
Prather et al
Behaviorally Assessed Sleep and Susceptibility to the Common Cold.
SLEEP,2015,38(9)


ひのうえ鍼灸整骨院
TEL:0744-33-8304
月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
※完全予約制※

たいが鍼灸整骨院
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:30、15:00~20:30
水・土  9:00~12:30
日・祝日 休診
※予約優先制※

 

生活習慣病と食生活

2018.10.30

こんにちは✨

ひのうえ鍼灸整骨院の南谷です!

10月もあっという間に終わりに近づいておりますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

日差しも段々と弱まり、風が冷たく感じるようになってきましたね。

風邪ひかないように手洗いうがいを欠かさずに💦

 

さて、秋に入ると「食欲の秋」と言われるように、何でも食べる量が増えます😊

そんな方に今日はバランスを整え適正エネルギー量に抑えるコツを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

理想の適正エネルギー量

このように医師会ではデータが出ておりますが、完璧な食事改善となると急にハードルが高くなる感じがありますよね💦

長く続けるために調理法や食品を変えたり血糖値をコントロールする食べ方を工夫することがポイントです🎵

 

摂取エネルギー量を抑えるためのヒト工夫

①食器を一回り小さいものに変えよう

お茶碗を一回り小さいものにすることで、主食の摂取エネルギー量がダウンします。

調理法を変えて上手にエネルギーダウン

同じ食品でも、調理法でエネルギー量はずいぶん変わります。「揚げる」よりも「蒸す」「網焼き」「ゆでる」などの料理を選びましょう。調理法に変化をつけ、かんきつ類や香辛料を上手にきかせると、油や塩分の取りすぎを防ぐことができます。

油は風味づけに効果的に使いましょう。

お菓子は量を控えめに

お菓子は、1つでご飯一杯分のエネルギー量に届く、越えるものもあります。

主食を減らしても、お菓子を食べていたのでは意味がありませんので、間食もよく考えてから効果的にとりましょう。

食後の血糖値の上昇を抑える

おなかが空いていると、大食い、早食いになりがち。

そういった食べ方が血糖値の急上昇·急降下をもたらします。 血糖値の急な変動を防ぐには、1日3食をバランスよく食べることが大切です。また血糖値が上がりにくい、野菜のおかずから先に食べるのも、1つの方法です。

よく噛んで、ゆっくり楽しみながら食べると満腹のサインが脳に伝わりやすく、食欲が抑えられます。

主食は肉·魚·卵·大豆製品をローテーション

メインのおかずは肉·魚·卵·大豆製品をローテーションで選ぶと、栄養バランスが整いやすくなります。ヒトによってですが、外食が多くなりがちな昼食は、メインのおかずを日替わりで選ぶようにしましょう。

家でとる食事は、外食などで不足した食品選びを意識すると理想的な食事に近づきます。

目安は片手の手のひらに乗る量に。

主食は白よりも茶色の食品を選ぶ

白米や白いパンは、精製の過程でビタミンや食物繊維などを多く含んだ部分が取り除かれています。主食は白いものより茶色のものを選びましょう✨

白米➡️玄米or雑穀米·胚芽米など

白いパン➡️全粒粉パン

野菜や海藻類は毎食1~2皿添える

野菜や海藻類、きのこなどに含まれる食物繊維は、糖質やコレステロールの吸収を緩やかにする効果があります。便秘を解消し体内の不要な物質の排出を促すので、減量のためにも毎食1~2皿添えるようにしましょう。ただし、いも類やかぼちゃは、ごはんやパンと同じ炭水化物が多い食品なので、取りすぎにはご注意を💦

しょうゆ·ドレッシング類は「かける」より「つける」で減塩🥗

特に糖尿病の方は高血圧を招きやすいため、合併症の進行を食い止める上で「減塩」が大切です。減塩しょうゆなども、使いすぎれば塩分の取りすぎになります。しょうゆやソース、ドレッシング類は直接直接かけないこと。小皿にとって軽くつけるだけで、量を大幅に減らすことができます。

 

生活習慣病の予防は食生活から

食べ過ぎなどの食生活の乱れは内臓脂肪を増やす要因です。それが高血糖や高血圧、脂質異常、脂肪肝などにつながり、さまざまな生活習慣病の発症リスクを高めます。できるだけ早い段階で食生活を改善していきましょう🎵

 

ひのうえ鍼灸整骨院

磯城郡田原本町秦庄435-6

TEL:0744-33-8304

月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり

※完全予約制※

 

たいが鍼灸整骨院

橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階

TEL:0744-23-0399

月・火・木・金 9:00~12:30、15:00~20:30
水・土  9:00~12:30
日・祝日 休診

※予約優先制※

痛みは体からのSOS!!

2018.10.25

皆さんこんにちは総院長の樋上です。

私も田んぼをやっていますが今年の実がある秋になりました。無事に稲刈りも終わりおいしい新米が待っています。

私も田んぼを3段ほどやっていますが今年の実がある秋になりました。無事に稲刈りも終わりおいしい新米が待っています。

裸足で砂浜を歩いていて、ガラス瓶で足の裏を傷つけたりしたらとても痛いですよね。もし私たちが痛みを感じなかったら、傷ができていたことに気づかず、細菌が入って生んでしまうこともあるかもしれません。

同じように、胃痛や腹痛がなければ、胃腸の変化に気づかないまま、病気が悪化してしまうでしょう。痛みは辛いものですが、辛いが故に、痛みは私たちに注意を促す警告の山になっているのです。

ではこの痛みはどのようにして脳に伝わっているのでしょうか。

 

私たちの体には、内外の情報を脳に伝えたり、脳から指令を受けている末梢神経が隅々まで張り巡らされています。

脳から直接伸びている神経もありますが、脊髄から各器官へ伸びている神経もあります。末梢神経は、私たちが意思によって支持できる「体性神経」と、意思に関係なく働いている自律神経に分けられます。

さらに体性神経には、視覚野聴覚、あるいは痛みや暑さなどの知覚情報に関わる知覚神経や、運動に関わる運動神経などがあります。

痛み夜にすれば、体のあちこちにある暑さや痛みなどの感覚を集める受容器が受け取った刺激を、知覚神経が脳に伝えていることで「痛い!」などと感じているわけです。

 

 

体性神経は、情報伝達のスピードが非常に早いと言う特徴があります。早いものでは、両足約120メートルもの超スピードになります。皮膚が傷ついた瞬間に痛いと感じるのもそのためです。もし情報の伝達速度が遅いと、例えば「車が来た!」危険だ!と感じたから体が車を避けようと動くまでに時間がかかってしまいます。これでは命を守ることができません。生命を維持するには、情報はできるだけ迅速に処理しなければならないのです。

 

では、どうして早く情報が伝わるかと言うと、軸索の作りに穴があります。同じ神経でも、軸索に鞘のような節のあるものと、ないものがあります。

軸索での情報伝達ほうは電気信号ですが、節のあるタイプは軸索を直接的に信号が進んでいくのではなく、節から節へとスキップして伝わってきます。例えば、各駅停車ではなくていくつもの駅を飛ばして走る特急列車なのです。

体性神経に比べると、自律神経での伝達はそれほど急ぐ必要はありません。そこでスキップする節はなく、体性神経より伝達スピードが遅くなります。

 

中年以降の人に多い神経痛を始め、頭痛や腰痛、痔。

痛みがいくら体に必要な感覚だとは言え、患者にとっては辛いものです。そこで様々な方法で痛みの治療を行う便クリニックが病院に解説されています。慢性的な痛みに悩まされているとは最適です。

ひのうえ鍼灸整骨院、たいが鍼灸整骨院では、痛みの本を緩和する矯正治療や鍼灸治療をメインに行っています。ぜひご相談ください。

交通事故の治療や労災を使った治療も行っていますこちらもぜひご相談ください。

 

子供の肘が・・・

2018.10.16

たいが鍼灸整骨院 院長 尾崎です。

10月も半ばにはいり、お子様がおられる方は運動会というビックイベントが

終わっていったかと思います。

 

今回の内容は・・

小さいお子さんがおられる方にぜひ見て頂きたい内容です!!

 

先日、2歳になろうかというお子さんを連れて来られました。

「朝起きてから子供が手を動かさないのです・・」と連絡をいただき来院してくださいました。

お母さんもなんで動かさないのかわからないままどうしたらいいのかと・・

小さいお子さんがおられる方でもなかなか経験されたことがないと思います。

それは・・

「肘の亜脱臼」

です!!

肘の亜脱臼??亜脱臼?子供が?どういうこと?

と思われる方もたくさんおられると思います。

「肘内障」

といわれる症状です。

肘内障とは・・

2~4歳の小児によく起こる。

輪状靱帯から橈骨頭の成長が未熟な為逸脱した状態のこと。

よく起こるきっかけとしては、急にお子さんの手を引っ張った時に起こりやすくなります。

あとは、腕を強く押される、不自然な角度で腕に体重をかける、鉄棒にぶら下がる、

寝返りを打つ、などがきっかけとなることもあります。

<症状>

ひじを曲げるときに激痛

肘内障とは、何らかの原因でじん帯がずれるために起こります。

じん帯が骨と骨の間にはさまったような状態になるせいで肘が曲がらなくなり、

動かそうとすると強く痛みます。

肘内障が起こると、腕を伸ばしたまま下げ、動かさなくなります。

肘を曲げられないのはもちろん、腕を上げることもできなくなります。

肘の周りのほか、肩や手首などに痛みを感じる場合も。

ただし、腕を動かせないだけでとくに痛みを訴えないこともあります。

 

??肘内障になった場合どうすればいいの??

整骨院でも応急処置として整復を行うことが出来ます。

また整形外科でも整復はしてもらうことができます。

整復をしてもらうと、その後すぐや数分後、数時間後にはお子さんも普段通り動かすようになります。

 

<注意点>

一度、亜脱臼してしまった関節は緩くなっているため、手を引っ張ったりするとまた亜脱臼

しやすくなります。成長と共に靭帯も形成されていき、抜けにくくなりますが、急激に手を

引っ張る等は気をつけてください。

 

子供は大人が思ってもいない行動をとったり、予想外のことがたくさんあります。

自分も2人子供がいますが、思いもよらない行動をとったり、えっ??と思うようなことも

たくさんあります。

当院では、小さいお子さんからスポーツをされている学生さんなど多数来てくださいます。

どのような症状でもご相談ください。

 

~秋になるとお出掛けも増え、交通量も多くなります~

交通事故にはくれぐれも気をつけてください。

交通事故にあった際は、一度ご相談ください。

当院のスタッフがなにをしないといけないか等の細かなことをお伝えさせていただきます。

事故による治療、通院、症状の改善、慰謝料、等どのようなことでも対応させていただきます。

 

温活、妊活、花粉症、
自律神経の乱れ、更年期障害など…
鍼灸治療 で 体質改善 をしませんか??

子供の夜泣き、疳虫、小児喘息、虚弱体質
刺さない鍼 小児鍼 もやっています!

交通事故 に遭いお悩みの方…
当院では ご相談 や 治療 も行っています

ひのうえ鍼灸整骨院

磯城郡田原本町秦庄435-6

TEL:0744-33-8304

月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり

※完全予約制※

 

たいが鍼灸整骨院

橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階

TEL:0744-23-0399

月・火・木・金 9:00~12:30、15:00~20:30
水・土  9:00~12:30
日・祝日 休診

※予約優先制※

カテゴリー

月別アーカイブ