治療日誌

夏の肌トラブル

2019.07.16

こんにちは!本院の池田です。

6月末から梅雨に入って雨が多く蒸し暑い日が続きますが、今月末には梅雨明けの兆しが見られそろそろ夏本番ですね!日差しが強くなるとお肌の天敵、紫外線も増えてきます。また、夏は一年で最も気温と湿度が高くなり、汗による肌のべたつきも気なります。一方、部屋に入れば冷房やドライなどの空調により空気が乾燥してしまうことも・・・。実は、お肌にとって夏はとても過酷な季節なんです。

夏の肌トラブル

1、紫外線による(日焼け)

日に焼けて褐色になるのは、肌の免疫機能が紫外線に反応してメラニン色素を作ります。シミやそばかすもこの影響だといわれています。日焼けは実はやけどと同じなのです。

2、エアコンなどによる(乾燥)

蒸し蒸ししてるし、汗もかくのになぜ乾燥するのか?理由は「大量の汗が出て体の中の水分が少なくなる」「ドライや冷房などで乾燥した部屋にいる」「お風呂での身体の洗いすぎ」などがあります。健康な肌は角質層と言うところに水分をとどめておくことができますが、紫外線のダメージで弱った肌には、それが難しく蒸発してしまいます。室外と室内の温度差も肌にストレスを与えバリア機能を失う原因の1つになります。

3、汗による(ニキビやかゆみ)

夏は汗がだらだらでますよね。実は、汗をかくとき同時に皮質も分泌されていて、それが毛穴に詰まることでニキビができるといわれています。また、汗に含まれる成分により、拭き取らずに放置しているとこれが肌を刺激し、かゆみを引き起こしてしまいます。

4、薄着や肌の露出による(虫刺されやかぶれ)

半袖、ノースリーブ、ショートパンツなど、夏を涼しく過ごそうと思うと服はどうしても露出が多くなってしまいがち。守られる部分が少ない分、どうしても虫刺されや草によるかぶれは多くなってしまいます。

おすすめの対策は?

1、日焼け

日焼けといえば日焼け止めですね。塗って出かけたとしても汗などで流れてしまいます。こまめに塗りなおしましょう。また日焼け止めを塗ってから肌になじむまで少し時間がかかります。出かける30分前には塗っておきましょう。

2、乾燥

化粧水や美容液で水分をしっかりチャージし、乳液やクリームなどの油分でフタをして水分が逃げないようにしましょう。また、蒸しタオルを肌にのせると、血行が促進されダメージからの修復がスムーズになります。

3、ニキビやかゆみ

汗をかいたらそのままにせず、すぐに洗い流すか濡らしたタオルなどですぐに拭き取ることがポイントになります。ゴシゴシ擦ると肌に負担がかかるので、汗をやさしく押さえるようにして拭き取りましょう。

4、虫刺されやかぶれ

まずは患部を流水で洗い流しましょう。かきむしったりすると化膿してしまう原因になるのでなるべく触れないようにしましょう。症状によっては市販の薬を使用するか病院を受診するようにしてください。

かゆみや腫れが強い場合は冷やすと症状が和らぎます。市販薬に絆創膏のように貼るタイプのかゆみ止めもあるので小さい子など掻くのを我慢できない場合は試してみては?ちなみに、蚊に刺されたときは温めても痒みが収まるといわれているそうです。蚊由来の痒みを引き起こす成分が熱を加えることで弱まるんだそうです。機会があればお試しください(^^♪

 

まとめ

夏は肌の悩みも増える季節です。紫外線だけでなく汗やエアコンなど、トラブルを起こす原因は1つではありません。しっかり対策や予防をして夏を乗り切りましょう!!

 

 

 

 

 


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

夏バテと戦おう!!

2019.07.09

こんにちは!本院の杉本です。

7月になり、本格的に夏に近づいてきました。

そんな夏によく起こる「夏バテ」についてしらべてみました。

 

「夏バテ」とは明確な病気などがあるわけではなく、夏によく見られる高温多湿に体がついていけなくなりし体調不良を起こすことを世間一般的に「夏バテ」といいます。

「体がだるい」「食欲がない」「やる気が出ない」などが主な症状です。

「夏バテ」は暑さからくるイメージがあると思われがちですが、それは熱中症などの症状なので注意してください。

「夏バテ」は室外の暑さと冷房などで冷えた室内の気温差の大きい部屋の出入りによって身体がついていけなくなることや暑い夜に寝つきが悪くなり、眠りが浅くなり睡眠不足になってしまい、その結果体力が回復しないなども原因です。

さらに暑くてのどがかわいて冷たい水を大量に摂取することにより体の内側からも冷えることも原因の1つです。

 

そこで今回は「夏バテ」について東洋医学的に考えてみたいと思います。

東洋医学的な「夏バテ」にはいくつかの種類があります。

1つ目は「気虚」です。

気虚とは気が不足していることをいいます。

*気とは自然界すべての物質の最も基本的な単位のこと(エネルギー源のこと)

主な症状としては

・汗かき(自汗)、少し動いただけで汗ばむ    風呂上がり汗が止まらない

・立ちくらみがする

・人に会うのがめんどくさい(人混みが苦手、人に気を使うのがしんどい)

・呼吸が浅い、息切れしやすい

・疲れやすく、体がだるい

・風邪を引きやすい

これらに当てはまれば気虚と考えても良いと思います。

対策としては緑豊かな自然の中を散歩することで、自然から気をもらうことができます。夏には海や川へ行かれることが多いと思いますが、あえて、山へ行き森林浴をするなどして自然を味わってみるのも良いのではないでしょうか。

また、胃腸の調子を良くし、負担を減らすことも1つです。昔から風邪を引いたり、胃腸の調子が悪いと「おかゆ」を食べていますよね。おかゆはあっさりしていて胃腸には優しい食べ物です。しかし、おかゆでは元気が出たないと言って食べ過ぎることも良くないです。ほどほどにし、腹八分目に取ることが1番よいです。

2つ目は「湿邪」です。

湿邪とは余分な水分や老廃物が溜まることで引き起こされる身体の不調のことをいいます。

例えば、先ほども書いたように冷たい水分を大量に摂取することで身体の内側から冷え、胃腸の働きが悪くなることなどです。

湿邪にはいくつか特徴があります。

重濁性

「重」は重い、重く付着するといった意味があります。症状としては頭や身体が重い・手足が重いなどです。

「濁」は字の通り濁るといった意味があります。症状としては排泄物などが濁った状態になり、目やにが多い、粘液便になってしまうといったものです。

粘滞性

ねっとり粘りがあり動きづらく、気を滞らせるという特徴があります。症状としては排泄物などかネバネバし、排泄や分泌がスムーズにに行われない。さらに、病は治りにくく、経過も長引き、繰り返し再発することが多いです。

下注性

下は向かう、下に注ぐという特徴があります。そのため、体の下部に症状が起こりやすいです。例えば、下痢、足のむくみ、排尿障害などが起こります。

この3つが「湿邪」の主な特徴です。

 

対策としては、暑いですが外に出て体を動かし汗を流すことです。スポーツで汗を流すのも良いですし、そんなに体力はないという人はラジオ体操などの軽い運動でも大丈夫です。

ほかには冷たい飲み物を飲み過ぎないことです。暑いとどうしても冷たい飲み物を飲みたくなりますよね。外から帰ってきた後のキンキンに冷えたジュース、仕事終わりに飲むキンキンにに冷えたビール最高ですよね。ですが、それだと胃腸を冷やしてしまいます。なので、体温ぐらいの温度の飲み物を飲むのが難しいですが、1番良いです。

 

まとめますと、自然を満喫したり、軽く汗を流し、体温以下の冷たい飲み物を飲まないことです。

これからさらに暑くなってくると思いますが、皆さんも一緒に頑張って乗り切りましょう!!

 


ひのうえ鍼灸整骨院

磯城郡田原本町秦庄435-6
TEL:0744-33-8304
月~金 9:00~12:30、15:00~19:30
土  9:00~12:30
日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
※完全予約制※


たいが鍼灸整骨院

橿原市中曽司町172-30 コーポ真菅1階
TEL:0744-23-0399
月・火・木・金 9:00~12:00、15:30~20:30
水・土  9:00~12:00
日・祝日 休診
※予約優先制※

 

 

 

 

夏の冷え!?

2019.07.02

こんにちは、受付の山本です。

これから暑くなってくる今、みなさんは冷たいものばかり食べ過ぎてはいませんか?

冷え症というと寒い冬をイメージしますが、実は夏の冷え症で体調を崩す人が多く油断は大敵です。

なので、今回は「夏の冷え」について調べて見ました。

私たちの体は気温などの環境に応じて体温を調節する必要があります。なので少しでも体温の調節をスムーズにしようとします。

夏の冷え症

夏になると人によっていろんな夏の冷え症の原因となるものが潜んでいるかも知れません。

1つは、冷房で通勤中や勤務先の電車やオフィス、冷房が効いた所に長時間いることで、体は芯から冷えてその他にもコンビニやスーパーなどの街の至る所が冷えている状態である所が原因になります。

 

もうひとつは、冷たい食事に飲み物、アイスクリームや冷たい水、そーめんなど、そして夜にはビールと、一日を通して冷たい物をとる機会が夏になると増えていき夏の冷えの原因に関わっていきます。

そもそも冷えは、手足やお腹、腰など、カラダが冷たいな、とか寒いと感じることをいいます。

冷房の効いた室内に長い時間いてると身体は体温を維持しようとして血管は収縮し、血液の巡りが悪くなってカラダの末端である手足から冷えていき、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が激しいと体はうまく対応しきれなくなり、自律神経が乱れて血液の巡りが悪く、そこからカラダの手足が冷えていきます。

そして夏の冷えで特徴となるのは、内臓の冷えです。

胃腸や膀胱が冷えて胃腸炎や膀胱炎など女性は卵巣や子宮が冷えて生理不順や不妊症にも繋がって行きます。内臓が冷えるとおなかを下しやすくなり、暑い夏におなかの調子が悪くなる人が多いのはそのためで、さらに自律神経の働きも乱れ、倦怠感や不眠、食欲不振を引き起こします。手足の先は温かいので、放置していると冷え症が重症化する恐れがあるので十分注意してください。

自分では冷えていないと思っていても、実は冷えている人は多いものです。冷えの自覚がない方ももしかしたら冷えているのかも知れません。

首や肩とか背中にコリやハリがあったり、汗をかかないまたは汗がたくさん出たり、頭痛がする、便秘や下痢になりやすい、おへその下に触れると冷たいなどがあれば冷えを疑ってみてもいいでしょう。

夏の冷え対策!

やっぱり夏でも冬でも冷えの対策は必要不可欠です。1番手っ取り早いのは腹巻をしてお腹を温めること!その事で臓器の働きがよくなり、全身に温かい血液を送ることができます。

そして身体を温める食べ物、りんご、にんじん、ショウガ、漬物、海藻類、タラコ、鮭、赤身の肉や魚、黒豆など、漢方で言うと陽性食品、そして味噌汁やショウガ紅茶などの暖かい食べ物、飲み物を取り入れるといいと思います。

 


ひのうえグループでもLINE公式アカウントをスタートさせて頂いております。

LINEをお使いの方は、こちらから友達登録していただき、ご案内に沿ってご予約いただければLINEからでもご予約を承れます

お得なイベント予約の空き情報などもお知らせしていきます!

是非ご活用ください♪

田原本 ひのうえ鍼灸整骨院

検索ID:@762zhuue

真菅 たいが鍼灸整骨院

検索ID:@662vyasq


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!

TEL:0744-33-8304

完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら

 

TEL:0744-23-0399

たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

からだにやさしい食卓‼️

2019.06.25

こんにちは、ひのうえ鍼灸整骨院です。

先月から【LINE】での予約が出来るようになり、また、簡単、便利な【PayPay】でのコード決済も可能になりました。是非、ご活用下さいね👍

これから、益々、暑い日が続きますが、暑い夏を乗りきるために、体のメンテナンスはお忘れなく❗️❗️❗️今回は、いろんな疾病をもつ方々のための 食事バランスについて調べました。

 

からだにやさしい食卓

理想の食事に一歩でも近づきましょう

 

貧血のためのやさしい食卓

貧血の多くは鉄欠乏性貧血です。栄養バランスが崩れると鉄も不足します。

1日3食をきっちり取る中で鉄やたんぱく質、ビタミンなど必要な栄養素を効率よく補給しましょう。

 

「 食生活を整える」 ためのひと工夫❗️

★ 1日3食きちんと食べる。

★ メインのおかずには、肉や魚、卵、大豆製品をとりいれましょう。

 

「 鉄を効率よくとる」ためのひと工夫❗️

★ 鉄分を多く含む食品

(赤身肉、レバー、魚、貝類、青菜、大豆製品、豆類)

★ 鉄分の吸収を良くするビタミン C

果物摂取量の目安(1日あたり)

みかん2個、りんご1個、キウイフルーツ2個かき2個、オレンジ2個など。

 

「 外食が多い人」のひと工夫❗️

★ 良質の タンパク質と鉄、ビタミン C  が多くとれる料理を選びましょう。

例えば‼️

・ ぶりの照り焼き定食、カキフライ定食、焼肉定食+おひたし、卵サンド+サラダ+フルーツ、チキンソテーとサラダの定食、あさりのボンゴレパスタとサラダ、レバニラ炒め定食、チンジャオロース定食など

 

 

糖尿病の方のためのやさしい食卓

 

糖尿病と上手く付き合うには、自分に合ったエネルギー量の食事を摂ることが大切です。長く続けるには完璧な食事改善を目指すよりも、調理法や食品を変えたり、血糖値をコントロールする食べ方を工夫することがポイントです‼️

 

「 摂取エネルギー量を抑える」ためのひと工夫❗️

★ 食器を一回り小さいものに変えよう。

★ 調理法を変えて上手にエネルギーダウンしよう。( 同じ食品でも、 揚げるよりも、蒸す、網焼き、茹でる、などの調理法を選びましょう)

★ お菓子の量は控えめに

★ 食後の血糖値の上昇を抑える食べ方( 血糖値の急な変動を防ぐには、1日3食をバランスよく食べることが大切です。また血糖値が上がりにくい野菜のおかずから先に食べるのもひとつの方法です。よく噛んで、ゆっくり楽しみながら食べると満腹のサインが脳に伝わりやすく、食欲が抑えられます。)

 

「 栄養バランスを整える」ためのひと工夫❗️

★ 主菜は肉、魚、卵、大豆製品をローテーションでとりましょう‼️

★ 野菜や海藻類は毎食1皿~2皿添える。

★ 醤油、ドレッシング類は、かけるよりつけるで減塩

糖尿病の方は高血圧を招きやすいため、合併症の進行を食い止めるうえで「減塩」が大切です❗️減塩しょうゆなども使いすぎれば塩分の摂り過ぎになります。醤油やソース、ドレッシング類は直接かけないこと。小皿にとって軽くつけるだけで、量を大幅に減らすことができます。

 

骨粗しょう症の方のためのやさしい食卓

骨を強くするカルシウムを効率よくとるコツ

加齢とともに低下していく骨密度。骨の健康を守り、自在に動ける体を保つには、カルシウムをはじめとした骨を作る栄養素を、日々の食事でどれだけたっぷりとれるかにかかっています。

 

「 骨を強くする」ためのひと工夫❗️

★ とにかく毎日カルシウムを摂る(1日800mg)

・ カルシウムが豊富な食品 (牛乳、ヨーグルト、チーズ、しらす干し、ししゃも、豆腐、納豆、生揚げ、小松菜など)

★ ビタミン D でカルシウムの吸収を高める

・ ビタミン D が豊富な食品(鮭、サンマ、サバ、きくらげ、干し椎茸など)

★コラーゲンをしっかりとるために、良質のタンパク質を多く含む、 肉や魚、卵、大豆製品をメイン料理の1品としてとるようにしましょう。

 

★ビタミン は骨の形成を促進する働きがあり、骨を丈夫に保つのに欠かせない栄養素である。

 

【 ビタミン Cが豊富な食品】

キウイフルーツ、イチゴ、柿、オレンジ、レモン、赤ピーマン、ブロッコリー、菜の花、レンコン、ジャガイモ、サツマイモなど

【 ビタミンk を豊富に含む食品】

チーズ、ヨーグルト、納豆など

 

「 カルシウムが失われるのを防ぐ」ためのひと工夫❗️

★ 加工食品の摂りすぎに注意

【 摂り過ぎに注意したい食品】

インスタント食品、ハム、スナック菓子、清涼飲料水など。

★ 禁煙を心がけ、アルコールやカフェインは、控えめにしましょう。

【 アルコールの適量の目安(1日あたり)】

・ビール    中ビン1本(500ml)・日本酒1合】(180ml)・焼酎(70ml)など。

牛乳はカルシウム量が多く、吸収率も高いので手軽に摂ることをお勧めします。

またカルシウムを強化したヨーグルトやウエハースなどの栄養補助食品も同様に効果が期待できます。

 

普段の食事をひと工夫するだけで、体に優しい食卓になるので参考にしてみてください。


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

気をつけよう脱水症状

2019.06.18

おはようございます。受付の土肥です。

これからの季節、気温上昇とともに脱水症など気をつけないといけません。

そこで今回は「脱水症」について調べてみました。

●私たちの身体の半分以上は「お水」

体内の水分量は、赤ちゃんは70~80%もあるのに比べて、高齢者は約50%です。加齢とともに、ちょっとした事でも脱水を起こしやすい状態です。高齢者やその家族は、脱水の原因や対処法について、正しい知識を持つことが大切ですね。

☆高齢者は脱水症状に注意   そのワケは、、、

もともと体内の水分保持量が減っています。さらに食事による「水分の収入」が少なくなり、体調を崩しやすく、下痢や嘔吐などによる「水分の支出」が増えるといった、脱水を招く危険因子をいくつも抱えています。

タンクである筋肉が減少し、水分のたくわえが少ない状態。

水の収入(補給)が減る⇒食事量の減少&飲料水を飲まない

水の支出が増える⇒発熱による発汗、下痢、嘔吐

脱水状態になってしまいます!

のどが渇かないなど、水分不足を認識する機能が低下しているため気づきにくい。

 

◎脱水症とは

体に含まれる水を「体液」と呼びます。体液は体の60%を占める水分とミネラル(電解質)、タンパク質などで構成されています。

脱水症は、何らかの要因により体内の水分とミネラルの一つであるナトリウム(塩)が不足している状態を指します。

脱水の種類は水分・ナトリウムの損失に関係して大きく二つに分けられるようです。

①低張性脱水

水分と一緒に血液中のナトリウムが不足した状態で、だるさや吐き気、けいれんなどの症状が現れます。長時間のスポーツなど、発汗をともなう際に発症しやすいです。

②高張性脱水

体内の水分だけが不足する状態のこと。発熱や激しい口渇状態、意識の混濁なども起こすことがあります。自分で水分補給ができない乳幼児、高齢者に発症しやすい症状

 

✩脱水症の症状

血液の量が減少し、血圧が低下。必要な栄養素が体に行き渡らなくなり、不要な老廃物を排泄する力も低下します。

また、食欲不振などの原因にもなります。

さらに、骨や筋肉から電解質が失われることで、脚がつったり、しびれが起こることもあります。

そして脱水症が、熱中症のさまざまな症状を誘発します。

 

✩脱水のサインに気をつけましょう!

・水の収入(食事・飲物)が減っていませんか?

食欲がおちていませんか?

まる一日、食事がとれない時は要注意です。

・水の支出(下痢・嘔吐など)が増えていませんか?

下痢や嘔吐をしたときは、水分補給で早めの回復を心掛けましょう。

一方、おしっこに行く回数や量が減ったときも注意サインです。

・見て、さわって、チェックしましょう!

⇒体温

高熱はもちろん、微熱が続くときも脱水を疑いましょう。

⇒わきの下

脱水になると乾いてきます。

⇒つめの色

つめの先を軽く押したあと、すぐ(2秒以内)に赤みが戻らないときは、水分(血流)が不足しています。

・健康状況を毎日チェック!

□風邪気味など体調不良ではないか?

□寝不足ではないか?

□前日の飲酒は多くなかったか?

□朝食を抜いていないか?

睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取などは、脱水、熱中症の発症に影響を与える恐れがあります。毎日の健康管理もとても大切です。

 

 

 

 

 

 

✩脱水症の予防法

のどが渇いていないから、汗をかいていないから大丈夫と思いがちですが、すでに体液が減少している場合もあります。

いつもよ尿の色が濃く、量が少ない場合は、すでに体内の水分不足が起こっています。

のどが渇く前からこまめな水分、塩分補給が脱水症・熱中症予防には大切です。

私たちの一日の水分摂取量は全体的に不足気味で、あとコップ2杯の水を補給すると十分な量を確保できるといわれているそうです。

水分を十分摂取することはもちろんですが、果物や野菜・汁物など水気を多く含む食品も水分補給におすすめです。

 


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!

TEL:0744-33-8304

完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら

TEL:0744-23-0399

たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

 

カテゴリー

月別アーカイブ