治療日誌

疲れにさようなら❗

2020.11.17

疲れがたまっていませんか⁉️

今年は、新型コロナ感染への注意もあり、例年以上に心身ともに疲れている人が多いのではないでしょうか。

そんな疲れをいつまでも引きずらないことが大切です。

早めに疲れを解消し、心身をリセットしましょう。

 

6つの方法❗

普段の生活の中でほんの少し気をつけるだけでも、疲れはかなり軽減します。

1️⃣ 食事

栄養バランスの良い食事を3食規則正しくとる。糖質の代謝に関わるビタミンB1ご豊富な豚肉や、低脂肪、低カロリーの鶏肉などのたんぱく質を積極的に!

2️⃣ 睡眠

心身にともに休養をとるには、ぐっすり眠ることが大切です。布団と体の間の温度は32℃前後、湿度は50%前後ぐらいが寝つきをよくします。夜の室内は暗めに、お昼寝は30分以内にとどめましょう。

3️⃣ 呼吸

呼吸は、内臓や血管の働きをコントロールする自律神経を調整し、心と体を整えます。

深呼吸!

胸を広げてゆっくりたっぷりと息を吸い込みましょう。吐くときは、吸うとき以上にゆっくりと、そして最後まで吐ききりましょう。

4️⃣ 運動

運動不足は、血流の低下を招き、体内に疲労物質や老廃物がたまりやすくなり、疲れやすくなります。ストレッチや有酸素運動で運動不足を解消しましょう。

5️⃣ 入浴

湯船に浸かって血行促進!

40℃ほどのお湯にトータルで、10〜15分間じっくりと肩まで浸かりましょう。

6️⃣ 香り

良い香りは脳に働きかけ、心身をリラックスさせます。ラベンダー、カモミール、ローマンなどの優しい香りがお薦めです。

アロマや芳香剤などを使って、香りを楽しみましょう。

 

疲れさよならストレッチ❗

ストレッチとは、筋肉や関節を伸ばし、柔軟性を高める運動のことです。

深い深呼吸でゆったりと行えば、ストレスで疲れた心と体がほぐれ、疲労回復に役立ちます。

⭕ストレッチのいいところ

🔸血流を促進

ストレッチ後は、普段より血流の流れが促進され、冷房による冷え予防の効果も期待できます。

🔸コリを改善

同じ姿勢を続けていると、筋肉が緊張した状態となって血流の悪化をもたらし、コリの原因になることがあります。

ストレッチで筋肉の緊張や硬さを和らげることができます。

🔸日常の動作がスムーズに

ストレッチを行うことで、関節の動く範囲が広がり、生活の様々な動作をより快適にアクティブに行うことができます。

🔸心がリラックス

深い呼吸でゆったりとストレッチを行うと副交感神経の働きが活性化し、脈拍はゆっくりとなり血圧も下がります。

 

⭕ストレッチをするときのポイント

🔸はずみをつけない

無理に伸ばすと筋肉を緊張させ、筋肉や関節に負担がかかる原因になります。

静かにゆっくりと筋肉を伸ばしましょう。

🔸伸ばす部位を意識する

どの筋肉を伸ばしているのかを意識することで、周りの筋肉をリラックスさせやすくなります。

🔸呼吸を止めない

筋肉は息を止めると、リラックスしにくい性質があるため、自然な呼吸を心がけましょう。

🔸10秒から30秒間伸ばす

自分のペースを守り筋肉を軽く気持ち良い程度にまで伸ばしましょう。

 

⭕簡単ストレッチ

🔸座ったままできるストレッチ

仕事や家事の合間を利用してストレッチ、日中の疲れは、できるだけ日中のうちに解消しましょう。

首(肩こりの改善や予防に)

片手を頭に乗せ上半身を床に垂直にした姿勢のまま頭だけを真横に倒し首の筋をしっかり伸ばします。

背中(腰に重い張りを感じた時)

椅子に浅く座り、足は肩幅に開き、背中を丸め、首を垂らします。両足の間から手を入れてふくらはぎをつかみます。

🔸寝る前にやるストレッチ

就寝前に、1日頑張ってくれた体をストレッチで優しく癒しましょう。心が落ち着くので寝つきも良くなります。

背筋(こわばった背筋を柔軟に)

両手は肩幅に開いて四つん這いになり、両手を前方に突き出します。背中全体が少し弓なりになるようにして、お尻をゆっくりと後ろに引いて伸ばします。

わき腹(同じ姿勢を長く続けた時)

床に寝て両手を伸ばし、片方の手で反対側の手首を持ちます。両足と上半身同じ方向にゆっくり曲げて、「 C 」の字を作ります。この時、腕が顔の前に倒れないように気をつけてやりましょう。

自分に合ったストレッチを探してゆっくりはじめてみましょう❗


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

環境に負けないカラダづくり

2020.11.10

 おはようございます。ひのうえ鍼灸整骨院です!

11月に入り、少しずつ寒さも厳しくなってきましたね。

 これからの季節、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザウイルスも心配ですね。

 ウイルスにかからない、うつらないために普段からの予防が大切です。

 今回は冬に注意したいウイルスと、免疫について調べてみました!

 

◎冬の2大ウイルス

冬場に特に注意したいのが、インフルエンザとノロウイルスです。ノロウイルスについては、以前このブログでも紹介しましたが、インフルエンザとともに改めてまとめてみます!

⭐︎インフルエンザ

インフルエンザの原因は「インフルエンザウイルス」。

A型、B型、C型と大きく3つに分類され、特にA型とB型が毎年大流行します。

〈主な症状〉

 急な3840度の高熱、

 筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感、疲労感、

 頭痛、悪寒など

 ※一般的には高熱が2 3日続いた後、風邪の諸症状に似たものに。

〈感染経路〉

飛沫感染

感染者のくしゃみや咳などと一緒に外に放出されたウイルスを他の人が吸い込むことにより感染。

・接触感染

感染者の手についたウイルスが、周囲のモノに触れ、別の人が同じモノに触れることで手にウイルスがつき、そこから自身の口や鼻を触ることで感染。

 

⭐︎ノロウイルス

ノロウィルスは乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層で急性胃腸炎を引き起こします。

11月〜3月の冬季に多発し、集団でかかることが多く、患者数の最も多い食中毒です。

〈主な症状〉

嘔吐、下痢、腹痛、吐き気、発熱など

潜伏期は2448時間。通常は12日で回復。

〈感染経路〉

・汚染された食品や2枚貝 (特にかきの生食に注意)

・感染した調理従事者からの手指を介した二次汚染

・感染者の嘔吐物や糞便など、手すりやドアノブなどからの二次汚染

 

◎冬のウイルス対策

冬は気温の低下だけではなく、湿度も下がり、空気が乾燥します。この寒さと乾燥が要注意!!

カラダが冷えたり免疫力が下がったり、カラダや健康への影響がでます。それと同時にウイルスが活動しやすい環境にもなるのです!

そのため、感染症にかかりやすくなります。冬を元気に乗り切るために、ウイルス対策が絶対にかかせません。

毎日の生活習慣と食事からしっかりウイルス対策をしていくことですね。

 

◎免疫とは

免疫とは「疫(えき)から免れる(まぬがれる「伝染病」などからのがれるということを意味する言葉です。

免疫システムは、体内に侵入した細菌やウイルスなどを異物(自分以外のもの)として攻撃することで、自分のカラダを正常に保つという大切な働きをしてくれています!

 

◎免疫力を高める

免疫は、日中の活動中に高まって、夜になると低下します。免疫力を高めるためには、決まった時刻に起きて食事を摂り、しっかりとからだを動かすこと!

活動休養という一定のリズムを保つことが大切です。

 

◎免疫力アップに大切なこと

①適度な活動性と休養のバランス

→まずは1日に10分程度の体操をするだけでも大切!運動の習慣化!

→夜にきちんと眠れば、昼間はすっきり起きて動けるようになります!

②からだを温めること

→体温が高いとリンパ球が増えて活性化し、免疫機能が高まります。

③ストレスを減らすこと

→長期間にわたって強いストレスにさらされると、自律神経の働きが乱れ、常に交感神経ばかりが優位になってしまいます。

副交感神経はおもに夜間、リラックスしているときに優位に働きます。カラダを回復させる神経で、内臓の機能を高めたり、免疫機能を正常にする作用があります。

④腸内環境を整えること

実は、免疫細胞の6070%が腸管に集まっています。腸は、食べ物と一緒に入ってくる病原菌やウイルスなどに体内で最も接するところ。だからこそ大量の免疫細胞が、栄養や水分を吸収する腸の壁のすぐ内側に密集して、外敵の侵入に備えてくれています!

 

ステイ・ホームによって生活習慣が変わってしまった人も多くいることでしょう。心当たりのある方は、免疫力アップのために今日から生活習慣を見直すことが大切です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

冷えの季節がやってきた!

2020.11.04

ひのうえ鍼灸整骨院、竹村です。

11月に入り、朝晩の気温が下がって温かいのがありがたい季節になってきました。

身体も冬の準備をしていこうとしているときですが、

やはりこれからつらいのが冷え性の方。

女性に多いですが、男性でも冷えて冷えて辛いですね。

今回は冷え性について東洋医学的に考えてみたいと思います。

 

まず、冷え性にもいろいろなタイプがあります。

同じ冷えでもお体の状態が異なります。

各タイプに分けてみましょう!

 

①胃が弱いために冷えるタイプ

「胃」は陽気(熱エネルギー)を作り出す大切な臓器です。

「胃」の働きが低下すると、陽気の生産が少なくなり、冷えを感じてしまいます。

このタイプは、食欲がなくて下痢しやすく、手足だけでなくて、全身的に寒がりなのが特徴です。

 

②血が足りないために冷えるタイプ

血液が不足すれば当然、身体は冷えます。

やせ型の女性で貧血ぎみな方の冷え性の多くはこのタイプです。

特徴は手足と腰が冷え、月経前や月経時に下痢することです。

また、立ちくらみもあらわれます。

 

③瘀血があるために冷えるタイプ

血行が悪いため、ある一定の場所に血液が停滞することを「瘀血」といいます。

瘀血は様々な病気の原因になりますが、お身体全体としては、下半身が冷えて、上半身に熱がとどこおってきます。

つまり、冷えのぼせの状態です。

また、便がかたくなるのが特徴です。

瘀血の原因は、出産、中絶、外科手術、交通事故、体質などです。

 

④水が多いために冷えるタイプ

肥満体で汗かきのなのに冷え性の方がいます。

これは体表面に水分が多いためです。

体表面に水分が多いと、暑さ寒さに敏感で、「寒がりで暑がり」となります。

 

⑤気のめぐりが悪いために冷えるタイプ

運動不足の方に多く見られる冷え性です。

いつもカゼぎみで、鼻をくしゅくしゅいわせていることが多いようです。

体質的な要素もありますが、胃腸が弱くなければ、運動をすれば治るタイプです。

 

 

冷えを感じる人は、温かい服装をすることが第一歩です。

くるぶしがでてしまう短い靴下はさけて、厚いストッキングやくるぶしをおおう靴下にしましょう。

レッグウォーマーもおすすめです。(当院でも大好評のレッグウォーマーございます!)

レストランでは水の氷は抜いてもらい、コーヒーはホットにしましょう。

家でも職場でも1時間に1回は屈伸などして動くようにしてください。

そしてお風呂は必ず湯船につかるようにしましょう!

冷え症にはお灸がとても効果的です。

お灸を続けていると、「そういえばこの冬は体の冷えがマシ~」とお身体が変化してきますよ!

当院では、11月17日(火)から21日(土)まで

恒例の『お灸体験会』を行います。

今の時期からお灸を始めて、冷えに負けないお身体にしていきましょう。

この機会にぜひお灸にふれてくださいね^^

 

 

 


交通事故はだれにでも起こりうることです。
すべては一瞬のできごと。もし事故してしまったら…ご相談ください。

磯城郡、橿原市、桜井市、北葛城郡、などで腰痛・肩凝り・婦人科疾患・産後骨盤・子供の夜泣き・頭痛・ストレス・交通事故疾患等、でお悩みの方は、ひのうえ鍼灸整骨院・たいが鍼灸整骨院にご相談ください。
ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

睡眠を見直して痩せやすい体質へ

2020.10.27
こんにちは!ひのうえ鍼灸整骨院です。

食欲の秋!新型コロナウイルスの影響で外出も減り、最近少し太ってきたな…と感じる人も多いのでは⁈

食事量を制限したり、運動しているのに痩せない!という方、別のところに原因があるかもしれませんよ!
ここ最近、ブログでもよく取り上げている「睡眠」がダイエットとも大きく関係しているんです!
「睡眠が不足していると太りやすい」という説は、コロンビア大学やスタンフォード大学など多くの研究グループの調査で立証されてきました。
1度、自分の睡眠に目を向けてみて下さい。
睡眠不足、朝起きた時に疲れがとれていない…そんな人は睡眠がダイエットの妨げになっているかもしれません⁈
今回はダイエットと睡眠の関係についてお話していきます。

睡眠が太りにくい体を作る

①脂肪の代謝を促進
寝ている間に分泌される成長ホルモンは、子どもの成長に欠かせませんが、成長過程を過ぎて大人になっても分泌され続けます。毎日の生活でダメージを受けた細胞を修復し、体を再生する役割があります。また代謝を促進し、蓄積された脂肪を燃焼する働きもあるので、私たちの体は一晩ぐっすり眠るだけで約300kcal消費します。これは約40分間ランニングした時の消費カロリーに相当します。
睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が減り、脂肪が代謝されず体内に蓄積されることに…。成長ホルモンの分泌量を増やすためには十分な睡眠が必要です。
②過食を防ぐ
食欲を調整するホルモンは、満腹中枢を刺激して食欲を抑える作用がある「レプチン食欲中枢を刺激して食欲を増進させる作用がある「グレリンの2つです。
質の良い睡眠をとることができていれば、レプチンの分泌が高まりダイエットに効果的ですが、逆に睡眠不足ではグレリンの分泌を高めてしまうことも分かっています。
しっかりと睡眠をとることでホルモンバランスが整い、食欲が過剰にわくことが減るため、太りにくい体質になっていくのです。
また、起きているとエネルギーを消費するため、寝る前にお腹が空いてしまいます。夜は早めに寝てしっかりと睡眠をとることで、お腹が空く前に寝ることができて、自然と食べ過ぎ防止に繋がります。

睡眠ダイエットのポイント

①眠りはじめの3時間はまとめて寝る
成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではなく、深い眠りに入ったとき活発に分泌されます。睡眠には、脳が活動した状態である浅い眠りのレム睡眠と、脳も休養する深いノンレム睡眠の2種類があり、この2つの睡眠を約90分サイクルで繰り返しています。大人の睡眠は、最初の2サイクルに最も深い眠りが表れて成長ホルモンがまとめて分泌されているので、この時間に度々目を覚ましているようだと、体の疲れはとれず、必要なホルモンも十分に分泌されません。
短い時間しか眠れない時でも、眠りはじめの3時間は大切にしましょう!
②夜中の3時には寝ているようにする
22時から2時がシンデレラタイムと言われ、この時間帯に寝ていることが推奨されています。その理由は、夜中の2時から3時が成長ホルモンの分泌のピークになるからで、大切なのは2時から3時の間に熟睡していることです。どれだけ遅くても3時には寝ているように心がけましょう!
③1日7時間睡眠を目指す
残業や出勤時間の影響でて7時間睡眠をとれない人も多いはず。通勤時の仮眠やお昼寝などを含めて、トータルで7時間を目指す!
正しい睡眠をとって成長ホルモンを十分に分泌させれば、痩せるだけでなく、日中にダメージを受けた体もリセットされます。
健康的な体を手に入れて毎日を元気に過ごしましょう!
参加資料など
「3・3・7」睡眠ダイエット 佐藤桂子

ひのうえ鍼灸整骨院
TEL:0744-33-8304
火~土9:00~12:30、15:00~19:30
月・日・祝日 休診、月2回臨時休診あり
※完全予約制※

たいが鍼灸整骨院
TEL:0744-23-0399
火〜土9:00~12:30、15:00~19:30
月・日・祝日 休診
※予約優先制※

今が備える期間!

2020.10.20

皆さんいつも読んで下さりありがとうございます。

たいが鍼灸整骨院の南谷です!

今年は早くも気温の低い時期がやってきましたね🥶

雪が降ることも近頃は少なくなっていたので、今年は見られるかもしれませんね⛄

 

自粛生活、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

最近ではコロナの影響も大きく騒がれなくなりましたが、確実に収まることなく、ひたひたと近づいているような感覚を味わっています。

アメリカのハーバード大学医学部の予測では、世界人口の70%が罹患する計算だと言われているようですね。

これを聞くと流石に避けようが無いのかなと感じてしまいますが、自覚症状のないままコロナウイルスに罹患している方も情報として出ているのを見ると、何か軽症で済ませられる方法があるのでは?と感じますね。

やはりというべきか

①良質な睡眠②ストレスを溜めない③栄養のある食事

が大切で、軽症で済ませる為に必要だとお医者様方がよく言われているとのこと。

昔からよく聞く養生生活というものですね♪

最近来られた患者様に、理想的な田舎に住みたいと、あちこち探しまわってようやく見つけた鳥取の田舎で、月の半分以上を過ごしているという方がおられます。

聞けば車の音も無く、鳥の声しか聞こえない様なところで、畑でお野菜だけを作って過ごしているということでした。その時に話されている表情や声のトーンから、とても充実されているようだなというのがうかがえました。

もちろん皆さん様々な家庭環境、仕事などがありますから中々理想通りとはいきませんね💦

 

では理想に近づける為に、どのような方法が良いのか

①良質な睡眠 についてはこちらを参考にしてみてください⇩

怪我をしない体作り~睡眠~

睡眠中の成長ホルモンは1日に分泌されるホルモンのうち、約70%を占めており、眠りについてからの最初の3時間が成長ホルモン分泌のピーク。その際には全身の毛細血管の修復や再生も成長ホルモンによって行われるため、手足先の冷えにも良い効果がありますね♪

 

②ストレスを溜めない

ウオーキングに出たり、ジムに通ったり、お家ヨガを始めたり。

ストレス発散法というのは色々提唱されていますが、新しく取り入れる事というのは僕もそうですが、なんとも億劫になりがち💦続かないといつの間にか自信の喪失にもつながり、悪循環にハマってしまうなんてことも…

あまり日常生活から逸脱しすぎないことが大切。

先ほど述べた睡眠時間もそうですが、いつも行っている中で、自分が一番ほぐれるなと感じるものをチョイスしましょう♪ (凝り固まりやすい集中して取り組むようなものは交感神経が高ぶってしまうので、注意しましょう!)

③栄養のある食事

今このコロナ渦で、GOTOイートなど少しずつ外食に向けて動き出しているようですが、やはり気持ちとしては中々リスクを感じて出掛けられない方が多いでしょう。

そんな中で特に張り合いがなくなるのが一人暮らし。

同じような食事が続き、栄養が偏ったり、食べる力自体が落ちてくることもあるのではないでしょうか。

コロナじゃなくても、風邪で食欲が無くなる事もありますよね😷

食べられてもご飯とお味噌汁だけなんて極端かも知れませんが、そんな時のために、鰹節や海苔、おじゃこや豆腐など小さな変化で必要なエネルギーを採っていきましょう!そこに塩コショウや醤油、ポン酢やマヨネーズなどの調味料を合わせられれば、その時の気分に合った変化をつけることができますね😃✨

少しの変化で+αの栄養を採っていきましょう♪

 

まだまだ年内はコロナの影響が強いようですし、インフルエンザも流行ってくるでしょう。

今がきっと備える期間!と思って取り組んでみてはいかがでしょうか?


ひのうえ鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちらまで!!
TEL:0744-33-8304
完全予約制 になりますので、お手数をおかけしますが
メール・お電話 にて ご予約 をお取り下さい m(__)m
お電話では、当日のご予約も承っております。

 

たいが鍼灸整骨院 へのお問い合わせはこちら
TEL:0744-23-0399
たいが鍼灸整骨院(真菅院)は 予約優先制 です。
待ち時間を減らしスムーズに治療を受けるためにも
事前に ご予約をお取りする ことを おすすめ します(*^^*)

カテゴリー

月別アーカイブ